2018.11.13

公開記念舞台挨拶(東京)レポート

11月10日(土)、TOHOシネマズ日比谷にて公開記念舞台挨拶が行われ、主演の平野紫耀さん(King & Prince)、ヒロインの桜井日奈子さん、玉城ティナさん、磯村勇斗さん、桜田ひよりさん、伊藤健太郎さん、佐藤祐市監督が登壇しました!


この日は上映後のお客様に向けて好きな劇中シーンを再現する企画を実施。「僕はご自身のシーンでいきたい」という謎の敬語に登壇者たちから「ワードのチョイスが…」と指摘された平野さんですが、伊藤さんを相手に壁ドンシーンを再現。客席からは歓声があがりました。平野さんは「バチバチしていて、空気の悪い感じがとても好きです」と再現理由を明かしました。



それに対し桜井さんは「私のお気に入りシーンをやられた!」と困惑するも、平野さんと磯村さんを相手に自身が演じる優羽のこじらせ場面を披露。”あわわポーズ”を再現するも、なかなか次のセリフを平野さんと磯村さんが言ってくれず、耐え切れずに「早く言ってよ!」と突っ込む場面も。桜井さんは「自分で観てもクスッときた場面。こじれているなぁというのが伝わってくる場面です」と振り返った。



玉城さんは、「真面目な場面をやります!」ということで、「優羽は自分の気持ち、もっと大切にしな」と女同士の友情に思わずほろっとくる名場面を再現。磯村さんは、妹・実花役の桜田さんを頭ポンポンし、客席の女性たちを沸かせました。桜田さんは、凛に向かって「もっとヤキモチやかせてやりましょうよ」と迫るシーンを披露。伊藤さんは、平野さんの壁ドンに付き合ったのに・・・と言いながらも、決めセリフ「勝負メガネのおかげかな?」をカッコよくキメてくれました!



さらに【『ういらぶ。』チームの心は通じ合っている!?以心伝心ゲーム】を男子チームVS女子チームに分かれて実施。まずは男子チームに「初恋の味と言えば?」というお題が。それに思いのほか頭を悩ませる3人。平野さんはしれっと「次の質問で!」とパスを求めるも、出した答えは「はちみつ」(平野さん)、「いちご」(磯村さん)、「ストロベリー」(伊藤さん)。平野さんの「はちみつ」という意外なチョイスに磯村さんは「凄く甘い初恋だったんだね」と爆笑するも、女子チームは「私たちはレモンだと思った」と感想。それに平野さんは「あ~、レモンも迷った!自分は甘すぎるのに特化しちゃった」と反省していました。



女子チームのお題は「告白の定番の場所」で、「公園」(桜井さん)、「校舎裏」(玉城さん)、「教室」(桜田さん)と残念ながらバラバラ。玉城さんは「女子チームの難易度高くないですか?」と思わずツッコミ。



続く男子チームは「風邪の時に食べるもの」というお題に対して「これは余裕!」と全員が「おかゆ!」と返答。

「ペットの定番」を出題された女子チームは、リベンジとばかりに打ち合わせ禁止にも関わらず、3人でゴニョゴニョ。桜田さんによる「日奈ちゃんが私の方に向かって口をパクパクしてくる!」という内部告発も飛び出しましたが、全員が無事「犬」と答えて大正解。



男子チーム最後の問題「初デートでの定番」という出題に、平野さんは「それはどういうことでしょうか?地域的なこと?目的地?すること?」と想像を膨らまし、磯村さんから「一度18歳に戻ろう!高校時代に!」というアドバイスが。平野さんからの「女子高生が日常的にキュンとくるもの!」というヒントを踏まえながら、平野さんと磯村さんは「手ツナギ」と回答。しかし伊藤さんだけ「家」と答え、平野さんから「インドア派なんだね」とツッコまれていました。

女子チーム最後の問題「学校で食べるお昼のパンの定番」では、女子チームは身振り手振りを交えて「可愛い系にしておく?」「線がいっぱい入っているあれだよね?」「見た目はシンプル?」などと、かなり大胆にやりとり。伊藤さんから「君たち、ルールがあるのを知っているの?」というクレームが入りながらも、桜井さんと玉城さんは「メロンパン」、桜田さんは「サンドイッチ」と答えた。これで女子チームの敗北となるかと思いきや、桜田さんの「やっぱりメロンパンで!」という訂正を佐藤監督判定でOKに。よって男女引き分けとなり、男女ともに仲がいいという結果におさまりました。

最後に佐藤監督は「撮影当初からみんなが意気投合してありがたかったです。画面からみんなの仲の良さがにじみ出ていると思います」とチームワークの良さに太鼓判。



桜井さんは「たくさんの方に観ていただき、キュンキュンしたとか、ほろっとしたとか、たくさんの感想を聞いて、たくさんの方々に愛されて嬉しいです。これからもお友達と一緒にワイワイ楽しみながら観てほしいです」とアピール。

平野さんは「朝から『ういらぶ。』を観てくれて本当にありがとうございます。一度しかない人生の中で、僕らのことを観ていただけて嬉しいです。皆さんを見る限り、肌つやがよくなっているので、キュンキュンしてくれたのではないかと思います。友達や家族などを誘ってまた観てください」とにこやかに話し、大盛り上がりの舞台挨拶を締めくくりました!


2018.11.12

映画『ういらぶ。』 キュン声♡絶叫上映  11/22(木)東京・大阪・名古屋にて開催決定!

凛と優羽、初々しい2人の恋をみんなで応援!
キュンキュンして黙ってられない<キュン声>を思いっきり出してOK!
大好きすぎて<好き>って言えない2人のかわりに、大きな声で<好き>を叫ぼう!

東京・TOHOシネマズ新宿、大阪・TOHOシネマズ梅田、名古屋・109シネマズ名古屋にて実施いたします。
チケット販売方法、鑑賞レギュレーションをお読みのうえ、ご参加ください。


【鑑賞レギュレーション】
鑑賞中の発声可能・サイリウム/ペンライトの使用可能・タンバリン・鈴の使用可能/うちわ持込OK
※注意事項をよく読んで周囲の鑑賞を過度に妨害しないよう配慮お願いします
※静かに鑑賞したい方には不向きな上映となります

◆鑑賞時の禁止事項・注意事項
当日マスコミ取材が入る場合がございます。予め、ご了承くださいませ。
タンバリン・鈴以外の楽器の使用の禁止、座席の上に立ち上がる、登るなどの行為、スクリーン前の占拠、スタンディングなど、他の観客の間隙を妨害する行為、上映中劇場内を走るなどの危険行為、作品や他の観客へのヤジや妨害、前の座席を叩く、蹴る等、直接不快感を与える行為、性的な表現や差別的な表現を含む発声、紙くず、飲食物をまき散らす等、劇場を汚す行為、その他危険と判断される行為、これらは禁止とさせていただきます。また、当日スタッフの指示に従っていただけない場合は退場いただく場合がございます。過度の発声、タンバリンやサイリウムの過度の使用、また、うちわを高く上げ続ける等の行為は周囲のお客様の鑑賞の妨げとなる場合がございますので、配慮をお願いいたします。タンバリン・鈴はロビーや通路で鳴らさないで下さい。

映画公式SNSでイベント情報を随時更新! #ういらぶ。

<実施日時・場所>

【11月22日(木)】
■東京:TOHOシネマズ新宿
■大阪:TOHOシネマズ梅田
開場:17:45 予定
開演:18:00(注意事項約5分+本編100分)
※予告編上映はございません、お早めにご着席ください。

●チケット販売
【PC・スマートフォン】11月15日(木)0:00~(=11月14日(水)24:00~) 
【劇場窓口】11月15日(木) 劇場オープン時~
※シネマイレージ会員の早期購入(上映3日前、21時からの購入)対象外です。

●料金 
通常料金
※ムビチケカード・ムビチケオンラインもご利用いただけます。

●販売方法(購入方法)
パソコン TOHOシネマズHP https://www.tohotheater.jp
劇場窓口 各劇場窓口にてお買い求めください。

◆チケットについて
※販売対象の全座席をPC・スマートフォンよりインターネットでご購入いただけます。完売した場合、劇場窓口(当日券含む)での販売はございません。
※インターネット・オークションへの出品その他の転売目的での入場券の購入及び転売はお断りします。
※営利を目的として転売された入場券及びインターネットを通じて転売された入場券は無効とし、当該入場券による御入場はお断りします。
※インターネットからのご購入は、「クレジットカード」「TOHOシネマズギフトカード」「docomo、au、SoftBank通話料決済」「楽天ID」がご利用いただけます。
※イベントの予定は、急遽変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※イベント該当日時の回のチケットをご購入いただいた方のみ、イベントをご覧いただけます。
※劇場内での写真・動画撮影(携帯カメラ含む)や録音は固くお断りいたします。
※チケット販売当日はアクセスが集中し、つながりにくい場合がございます。あらかじめご了承ください。
※いかなる事情が生じましても、ご購入後・お引き換え後の鑑賞券の変更や払い戻しはできません。

【11月22日(木)】
■名古屋:109シネマズ名古屋
開場:17:45 予定
開演:18:00(注意事項約5分+本編100分)
※予告編上映はございません、お早めにご着席ください

●料金 
通常料金
※ムビチケカード・ムビチケオンラインもご利用いただけます。

●チケット販売
【PC・スマートフォン】11月15日(木)0:00~(=11月14日(水)24:00~)
【劇場窓口】11月15日(木)劇場オープン時~

●販売方法(購入方法)
パソコン 109シネマズ名古屋公式HP https://109cinemas.net/nagoya/
劇場窓口 劇場窓口にてお買い求めください。

◆チケットについて
※販売対象の全座席をPC・スマートフォンよりインターネットでご購入いただけます。完売した場合、劇場窓口(当日券含む)での販売はございません。
※インターネット・オークションへの出品その他の転売目的での入場券の購入及び転売はお断りします。
※営利を目的として転売された入場券及びインターネットを通じて転売された入場券は無効とし、当該入場券による御入場はお断りします。
※インターネットからのご購入は、「各種クレジットカード」「楽天ID」がご利用いただけます。
※イベントの予定は、急遽変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※イベント該当日時の回のチケットをご購入いただいた方のみ、イベントをご覧いただけます。
※劇場内での写真撮影(携帯カメラ含む)や録音は固くお断りいたします。
※チケット販売当日はアクセスが集中し、つながりにくい場合がございます。あらかじめご了承ください。
※いかなる事情が生じましても、ご購入後・お引き換え後の鑑賞券の変更や払い戻しはできません。

2018.11.09

感想投稿キャンペーン実施!

本作の公開を記念して、感想をTwitterで投稿すると、抽選で映画オリジナルグッズが当たるキャンペーンを実施します!

【応募方法】
1:映画『ういらぶ。』公式Twitterアカウント( https://twitter.com/welove_movie )をフォロー
2:映画『ういらぶ。』の感想を【#ういらぶ観た】のハッシュタグをつけて投稿してください。

【応募期間】
2018年11月9日(金)~11月25日(日)

【賞品】
・映画『ういらぶ。』オリジナルふせん(5名様)

【注意事項】
・参加いただく際は必ずアカウントの投稿を“公開”にした状態で参加ください。投稿が非公開の場合は参加とみなされませんのでご注意ください。
・当選の権利はご当選者本人のものとし、換金、譲渡、インターネットオークションなどへの売買行為は禁止いたします。
・応募状況・当選情報に関するお問合せにはお答えいたしかねますのでご了承ください
・本キャンペーンは、やむを得ない事情により中止または内容が変更となる場合がございますので、予めご了承ください。

【当選発表について】
・当選された方には、公式アカウントから当選された方のアカウントにダイレクトメッセージにて賞品の発送についてのご案内を致します。
・連絡不能により賞品のお届けができない場合は、当選を無効とさせていただきます。
・当選者の発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。

【個人情報の取り扱い】
・当選者からお預かりした個人情報は、本キャンペーンの当選のご案内、ご本人様確認にのみ使用し、本件に関する諸連絡の目的以外に利用することはございません。キャンペーン終了後は、当社の個人情報保護方針にしたがって適切に取り扱います。
・キャンペーン事務局は、法令により認められた場合を除き、ご本人の同意を得ることなく、第三者に個人情報を提供しません。

2018.11.06

★最新メディア情報★※11月9日(金)更新

【テレビ】 ※OA日時・内容は予告なく変更の可能性がございます。

・10月21日 21:00~21:54 NTV 「行列のできる法律相談所」 平野紫耀さん

・10月22日 22:00~23:00 NTV 「しゃべくり007」 平野紫耀さん

・11月1日 21:00 - 21:54 NTV 「秘密のケンミンSHOW」 桜井日奈子さん

・11月2日 19:00~19:57 CX 「坂上どうぶつ王国」 平野紫耀さん

・11月3日 4:15~4:45 TBS 「開運音楽堂」 桜井日奈子さん

・11月3日 12:00~13:30 NTV 「メレンゲの気持ち」 平野紫耀さん

・11月4日 11:40~11:45 TBS 「メトログ」 桜井日奈子さん

・11月4日 22:00~22:54 TBS 「林先生が驚く初耳学!」 平野紫耀さん

・11月4日 24:30~25:25 CX 「Love Music」 平野紫耀さん

・11月5日 20:00~21:00 CX 「痛快TVスカッとジャパン」 平野紫耀さん

・11月5日 21:00~22:54 NTV 「くりぃむしちゅーの!THE☆レジェンド」 平野紫耀さん

・11月5日 19:00~20:00 NTV 「有吉ゼミ」 桜井日奈子さん

・11月6日 19:00~19:56 NTV 「火曜サプライズ」 平野紫耀さん

・11月7日 21:00~21:54 NTV 「今夜くらべてみました」 平野紫耀さん

・11月8日 19:00~21:00 CX 「奇跡体験!アンビリバボー」 桜井日奈子さん

・11月9日 23:40~0:10 CX 「ネタパレ」 平野紫耀さん

・11月10日 19:00~20:54 NTV 「世界一受けたい授業」 平野紫耀さん

・11月14日 20:00~20:54 EX 「ミラクル9」 桜井日奈子さん

---------------------------------------------------------------------

【ラジオ】 ※OA日時・内容は予告なく変更の可能性がございます。

・10月20日 27:00~28:30 ニッポン放送「健太郎のオールナイトニッポン0」 佐藤祐市監督

・11月1日 21:30~22:00 TBSラジオ 「エンタメEXPRESS」 平野紫耀さん

・11月3日 22:00~23:55 TBSラジオ 「TALK ABOUT」 桜井日奈子さん

・11月8日 21:30~22:00 TBSラジオ 「エンタメEXPRESS」 平野紫耀さん

・11月10日 25:00~27:00 TBSラジオ 「JUNKサタデー エレ片のコント太郎」 磯村勇斗さん

---------------------------------------------------------------------
【新聞・雑誌】

・9月15日 「LARME」 桜井日奈子さん

・9月22日 「SODA」 平野紫耀さん

・9月22日 「月刊TVガイド」 平野紫耀さん

・9月28日 「TVガイドPLUS」 平野紫耀さん

・10月1日 「Cinema★Cinema (シネマシネマ)」 平野紫耀さん(表紙)

・10月1日 「ぴあ Movie special」 平野紫耀さん(表紙) 桜井日奈子さん 佐藤祐市監督 

・10月1日 「J movie magazine」 平野紫耀さん(表紙)

・10月1日 「Seventeen」 平野紫耀さん

・10月1日 「シネマスクエア」 平野紫耀さん(表紙) 佐藤祐市監督

・10月3日 「TVfanCROSS」 平野紫耀さん

・10月4日 「SCREEN plus」 桜井日奈子さん

・10月5日 「Sho-Comi」 桜井日奈子さん

・10月10日 「高校生新聞」 平野紫耀さん

・10月12日 「and GIRL」 平野紫耀さん

・10月12日 「+act. ( プラスアクト )」 平野紫耀さん

・10月12日 「ar」 磯村勇斗さん

・10月14日 「TOHOシネマズマガジン」 平野紫耀さん

・10月15日 「QLAP!」 平野紫耀さん 佐藤祐市監督

・10月17日 「読売ファミリー」 平野紫耀さん(表紙)

・10月17日 「週刊TVガイド」 平野紫耀さん

・10月18日 「ピクトアップ」 平野紫耀さん

・10月20日 「Sho-Comi」 平野紫耀さん(表紙) 桜井日奈子さん(表紙)

・10月20日 「FLIX」 平野紫耀さん(表紙)

・10月20日 「mina」 平野紫耀さん

・10月20日 「ch Files」 桜井日奈子さん

・10月20日 「SCREEN」 平野紫耀さん

・10月22日 「JUNON」 磯村勇斗さん

・10月22日 「ポポロ」 平野紫耀さん

・10月22日 「ニコ★プチ」 平野紫耀さん

・10月22日 「Myojo」 平野紫耀さん

・10月22日 「SODA+ Actress」 桜井日奈子さん

・10月23日 「Ray」 平野紫耀さん(表紙)

・10月23日 「Cancam」 平野紫耀さん 桜井日奈子さん

・10月23日 「JJ」 平野紫耀さん

・10月23日 「ViVi」 磯村勇斗さん

・10月23日 「SPUR」 平野紫耀さん

・10月24日 「月刊ザテレビジョン」 平野紫耀さん

・10月24日 「TV navi」 平野紫耀さん

・10月24日 「月刊TVガイド」 平野紫耀さん

・10月24日 「TV fan」 平野紫耀さん

・10月26日 「HOT PEPPER」 磯村勇斗さん

・10月27日 「中日こどもウイークリー」 平野紫耀さん

・10月28日 「CLASSY」 平野紫耀さん

・10月28日 「サクラサクライフ」 桜井日奈子さん(表紙)

・10月28日 「MORE」 平野紫耀さん

・10月29日 「Mac fan」 桜井日奈子さん(表紙)

・10月30日 「月刊エンタメ」 桜井日奈子さん

・10月30日 「サンデー毎日」 平野紫耀さん(表紙)

・10月31日 「TV LIFE」 平野紫耀さん

・10月31日 「TVガイドAlpha」 平野紫耀さん

・11月1日 「nicola(ニコラ)」 平野紫耀さん 桜井日奈子さん

・11月1日 「日本映画navi」 平野紫耀さん(表紙) 佐藤祐市監督

・11月1日 「キネマ旬報NEXT」 平野紫耀さん

・11月1日 「女性セブン」 平野紫耀さん

・11月3日 「りぼん」 平野紫耀さん 桜井日奈子さん

・11月3日 「日刊スポーツ」 平野紫耀さん

・11月4日 「ちゃお」 平野紫耀さん

・11月4日 「朝日中高生新聞」 平野紫耀さん

・11月5日 「Sho-Comi」(ムービーブック) 平野紫耀さん 桜井日奈子さん 玉城ティナさん 磯村勇斗さん 伊藤健太郎さん 桜田ひよりさん


・11月7日 「POTATO」 平野紫耀さん 磯村勇斗さん

・11月7日 「ESSE」 平野紫耀さん

・11月7日 「日経WOMAN」 平野紫耀さん

・11月7日 「duet」 平野紫耀さん

・11月7日 「anan」 平野紫耀さん(表紙)

・11月7日 「週刊TVガイド」 平野紫耀さん(表紙)

・11月7日 「週刊ザテレビジョン」 平野紫耀さん(表紙)

・11月8日 「ザテレビジョン COLORS」 平野紫耀さん

・11月8日 「プチコミック」 平野紫耀さん

・11月9日 「BOMB」 桜田ひよりさん

・11月9日 「朝日小学生新聞」 平野紫耀さん

・11月9日 「MEN'S NON-NO」 磯村勇斗さん

・11月13日 「ベツコミ」 平野紫耀さん

---------------------------------------------------------------------

【WEB】

・9月27日 「NOSH」 玉城ティナさん

・10月20日 「シネマトゥデイ」 平野紫耀さん

・10月24日、25日、26日、27日 「NOSH」 磯村勇斗さん

・10月29日 「シネマトゥデイ」 平野紫耀さん

・10月30日 「めちゃコミック」 桜井日奈子さん

・10月31日 「NOSH」 伊藤健太郎さん

・10月31日 「LINE進学」 磯村勇斗さん

・10月31日「Movie Walker」 平野紫耀さん

・10月31日 「モデルプレス」 桜井日奈子さん

・11月2日 「Nom de plume」 平野紫耀さん 桜井日奈子さん

・11月2日 「C Channel」 桜井日奈子さん 磯村勇斗さん 伊藤健太郎さん

・11月2日 「GYAO!トレンドニュース」 玉城ティナさん 磯村勇斗さん

・11月2日 「HUSTEL PRESS」 桜井日奈子さん

・11月2日 「Deview/デビュー」 桜井日奈子さん

・11月2日 「NOSH」 桜井日奈子さん

・11月3日 「エンタメステーション」 平野紫耀さん

・11月4日 「クランクイン!」 桜井日奈子さん

・11月4日 「映画ランド」 桜井日奈子さん 玉城ティナさん

・11月5日 「ランキングBOX」 平野紫耀さん 桜井日奈子さん

・11月5日 「webザテレビジョン」 桜井日奈子さん

・11月5日 「シネマトゥデイ」 磯村勇斗さん

・11月5日 「109ニュース」 玉城ティナさん 磯村勇斗さん

・11月6日 「ランキングBOX」 桜井日奈子さん

・11月6日 「めちゃコミック」 桜井日奈子さん

・11月6日 「モデルプレス」 平野紫耀さん

・11月6日 「マイナビニュース」 平野紫耀さん 桜井日奈子さん

・11月6日 「シネマジーン」 伊藤健太郎さん 桜田ひよりさん

・11月7日 「シネマジーン」 伊藤健太郎さん 桜田ひよりさん

・11月7日 「NOSH」 平野紫耀さん

・11月7日 「オリコンニュース」 平野紫耀さん

・11月7日 「シネマトゥデイ」 桜田ひよりさん

・11月7日 「HUSTEL PRESS」 桜田ひよりさん

・11月7日 「マイナビティーンズ」 平野紫耀さん

・11月7日 「シネマジーン」 玉城ティナさん 磯村勇斗さん

・11月8日 「HARUHARU」 平野紫耀さん 桜井日奈子さん

・11月8日 「シネマジーン」 平野紫耀さん 桜井日奈子さん

・11月8日 「girlswalker」 伊藤健太郎さん 磯村勇斗さん

・11月8日 「リアルサウンド映画部」 平野紫耀さん

・11月8日 「モデルプレス」 平野紫耀さん

・11月8日 「TIMELINE」 桜井日奈子さん

・11月8日 「ARINE」 桜井日奈子さん

・11月8日 「ビデオパスnavi」 桜井日奈子さん 玉城ティナさん

・11月9日 「C Channel」 桜井日奈子さん 磯村勇斗さん 伊藤健太郎さん

・11月9日 「エマリー」 桜井日奈子さん 玉城ティナさん 磯村勇斗さん

・11月9日 「girlswalker」 平野紫耀さん 桜井日奈子さん

・11月9日 「HARUHARU」 玉城ティナさん 磯村勇斗さん

・11月9日 「フミコミュ」 伊藤健太郎さん 桜田ひよりさん

・11月9日 「GYAO!トレンドニュース」 平野紫耀さん

・11月9日 「ローリエプラス」 平野紫耀さん

・11月9日 「シネマカフェ」 桜井日奈子さん

・11月9日 「Street Girls Snap」 平野紫耀さん 桜井日奈子さん

・11月10日 「bisSPA!」 桜井日奈子さん

・11月10日 「シネマトゥデイ」 磯村勇斗さん

・11月10日 「ウレぴあ総研」 平野紫耀さん

・掲載予定 「プリキャンティーンズラボ 」 伊藤健太郎さん 磯村勇斗さん

2018.11.02

ロケ地・岡山県とのタイアップが決定!

『ういらぶ。』のロケ地・岡山県とのタイアップ展開が決定いたしました!

◆ロケ地マップや、原作とタイアップした「ロケ地・”おかやま“レポート」、監督・プロデューサーからのコメント等盛りだくさんの内容の「ロケーションガイド」を、全国の映画館や、岡山県内及び関連の観光センター等で配布します。

【配布施設一覧】 
https://www.okayama-kanko.jp/feature/welove-okayama/

【期間】
11/5(月)~
※部数なくなり次第、配布終了となります
※一部記載内容に誤りがありました。訂正内容についてはこちらからご確認ください。
https://www.okayama-kanko.jp/fc/news/99

◆原作が連載中の「Sho-Comi」で、11/5(月)発売号/11/20(火)発売号に、『ういらぶ。』×岡山のタイアップ記事が掲載されます。

2018.11.01

衣装展示&小道具展示が追加決定!

凛(平野紫耀さん)と優羽(桜井日奈子さん)の衣装&小道具が、各地で展示されます。
お近くの方はぜひこの機会に観に行ってくださいね♪


【鹿児島】
期間:9/26(水)~10/13(土)
場所:アミュプラザ鹿児島本館2F 連絡通路横 ショーウィンドウ


【札幌】
期間:10/1(月)~10/14(日)
場所:ユナイテッド・シネマ札幌 

【名古屋】
期間:10/19(金)~11/1(木)
場所:ミッドランドシネマ名古屋空港

【大阪】
期間:10/19(金)~11/1(木)
場所:天王寺MIO 5F 

【東京】
期間:11/2(金)~11/16(金)
場所:タワーレコード新宿店
※小道具展示

期間:11/5(月)~11/11(日) 
(11/9終日は除く/11/7は14:00~17:00のみ)
場所:J:COM Wonder Studio

期間:11/5(月)~11/11(日)
場所:タワーレコード 渋谷店

期間:11/12(月)~11/27(火)
場所:東京スカイツリータウン®・ソラマチ4F ツリービレッジ

期間:11/13(火)~11/25(日)
場所:スイーツパラダイス SoLaDo原宿店


※日時や展示場所等は都合により変更となる場合がございます。
※詳細の時間や場所は、各展示場所にお問い合わせください。

2018.10.31

ハロウィンパーティー&“初恋の日”課外授業レポート

10月30日(火)、映画『ういらぶ。』公開を目前に控え、平野紫耀さん、桜井日奈子さん、佐藤祐市監督が宝仙学園中学・高校に登場し、サプライズイベントを敢行!



10月31日はハロウィンということで、ひと足早くハロウィンの仮装をして登場することに。MCの呼び込みで、マントをかぶり、カボチャのお面をした2人が体育館に入場。
King & Princeの主題歌「High On Love!」に合わせ、そのお面とマントのフードを外すと、そこには平野さんと桜井さんの姿が見えるという突然の出来事に、感極まって思わず号泣してしまう生徒さんたちも。
平野さんは、「皆さん元気ですね!今日は短い時間ですが、楽しい時間になったらいいなと思います。」と、サプライズの大成功に安堵した様子。今回初めて映画主題歌を担当したことについては「とてもうれしかったですし、曲も映画にぴったりのテーマでめちゃくちゃ嬉しかったです。」と喜びを語った。



桜井さんが、「もう…皆さんがとてもウェルカムな感じが伝わってきました。明日はハロウィンと言うことで、みなさんと楽しんでいきたいと思います。」と一言話すと、『かわいい~!』という生徒たちの大歓声に、桜井さんもにっこり。



本日10月30日は“初恋の日”ということで、『ういらぶ。』の映画の内容と掛け合わせた、“初恋の日”課外授業を行うことに。
1限目はまず、英語の授業として、本作のキャッチコピーでもある、【大好きすぎて、「好き」って言えない】を学校のネイティブの先生が英語でレクチャー。
英訳“I love you too much to say I love you”をまずは平野さんが言うことになり、気持ちを込めた“I love you”の発音と一緒に、会場中に何度も投げキッスのプレゼントをすると、会場は大盛り上がり。
桜井さんも負けじとかわいらしい“I love you”の投げキッスをすると、男子生徒から歓声があがりました。ついには、監督からも投げキッス。生徒たちはここでも大歓声で、会場を盛り上げてくれました。
ネイティブの先生も、キャスト陣の英語について、「非常にドラマティックなスキルを持っている。アメイジング!」と大絶賛。

チャイムが鳴り、2限目は体育の授業。本作の主題歌であるKing & Princeの「High On Love!」の振付を、平野さん自らレクチャー!まずは曲を流し、平野さんの生歌と生ダンスでお手本を披露すると、あまりの夢ごこちに生徒たちも呆然。
振付が開始されると、段取りよくレクチャーしていく平野さん。振付中も、「わかった人~?半分くらいだったのでもう一度いきます!」など、丁寧に授業を進めて行きます。


最後に平野さんの「音楽スタート!」の掛け声で、キャスト・監督、生徒の皆さんで一緒にダンス。息ピッタリに決まった会場に、平野さんは、「完璧です。もうみなさんがKing & Prince です!嘘です(笑)。でも本当に完璧です!」と太鼓判。
桜井さんも「踊りやすいですね!」とすっかり主題歌の振付をマスターした様子。

最後の3時限目は、国語の授業とし、平野さんと桜井さんがそれぞれ考えてきた「初恋の句」を披露。
まずは桜井さんが俳句を発表。【大事件 今日で2回 目があった】というかわいらしい一句に「かわいい!」と割れんばかりの歓声。思わず桜井さんも照れた様子。


実体験に基づいたものだそうで、「中学生の頃、クラスの男の子をちらちら見ていて…という(笑)。みなさんもきっとありますよね。これは共感していただける句なんじゃないかなと思います。」と解説すると、生徒たちからも共感の嵐。監督も、「40年前の僕の想いがよみがえってきます。(笑)」と甘酸っぱい気持ちを振り返っていました。
次に平野さんも一句披露。【目の中に ハートができた 四歳児】という句は、幼い頃の初恋の様子を詠んだものだそうで、「幼稚園の先生で、かなり年上の先生だったのですが、包容力にやられてしまいました。四歳児ながら。」と初恋エピソードを披露。

終了のチャイムが鳴り授業は終了。最後に監督は、「いよいよ公開が迫って参りました。笑いあり、涙もあり、すごく見やすくなっていると思います。エンドロールも楽しくなっていると思うのでぜひその部分も観て頂けたら。今日はすごくいっぱいエネルギーをもらえました、ありがとうございました!」と見所を語りました。

桜井さんは「この『ういらぶ。』はみなさんの日常に近いお話になっているのかな、と思います。これから恋をしたい方、勇気を出して何かを言わなきゃ、という方は、背中を押してもらえる作品になっていると思うので、ぜひお友達と一緒に映画館に足を運んでください。」と作品をアピール。

平野さんは「“大好きすぎて「好き」って言えない”、という状態の方が、もしかしたらこの中にいらっしゃるかもしれないので、ぜひこの映画で、僕と桜井さん演じるキャラクターの成長する姿を観て、勇気をもらっていただきながらキュンキュンしてもらえたら。そしてわいわい盛り上がって、ぜひ皆さんの青春の1ページに『ういらぶ。』が残れたらな、と思います。」と締めくくり、大盛り上がりの中、イベントは終了しました。

2018.10.26

『ういらぶ。』×小僧寿し コラボキャンペーン決定!

持ち帰り寿司チェーンの株式会社小僧寿しとのコラボメニュー「キュン盛り」の発売が決定!購入者には映画公式グッズの「スリムボトルカラーペン」と「カプセルステーショナリー」の両方をプレゼント! 

【詳細】
商品名:キュン盛り
価格:1,850円(税別)
販売期間:11月3日(土)~数量限定発売 (※準備数なくなり次第終了)
注文方法:小僧寿しアプリからのご注文限定となります 
購入者特典:映画公式グッズ「スリムボトルカラーペン」と「カプセルステーショナリー」

【注意事項】
・ノベルティの色はお選びいただけません。
・小僧寿しアプリからのご注文限定となります。
・店頭でのご注文、お電話でのご注文はお受けできません。
・準備数なくなり次第終了のキャンペーンとなります。

ご注文方法や対象店舗などの詳細は小僧寿し公式HPをチェック!
http://kozosushi.co.jp/fair

■さらに「フォロー&リツイートキャンペーン」も同時開催!

期間中、小僧寿し公式Twitter(@kozosushi_news_)を
フォロー&指定ツイートをリツイートしてくださった方限定の抽選キャンペーンです。
 
◆キャンペーン応募期間:
<第1弾>10月25日(木)15:00〜11月5日(月)15:00まで
<第2弾>10月25日(木)15:00〜11月12日(月)15:00まで 
※<第1弾><第2弾>いずれも期間中1人1回参加できます。

◆賞品
<第1弾>映画『ういらぶ。』ムビチケカード・・・5組10名様
<第2弾>映画公式グッズ「スリムボトルカラーペン」と「カプセルステーショナリー」のセット・・・10名様
※ノベルティの色はお選びいただけません


▼小僧寿し公式Twitter
https://twitter.com/kozosushi_news_

▼キャンペーンツイート
<第1弾>https://twitter.com/kozosushi_news_/status/1055421598642008064?s=12
<第2弾>https://twitter.com/kozosushi_news_/status/1055422234028728320?s=12

【対象店舗・当選発表・利用規約などについてはこちらから】
http://kozosushi.co.jp/wp-content/uploads/2018/10/Pdf-1.pdf

2018.10.13

アベイル ×ういらぶ。コラボ企画 実施決定!

本作の公開を記念して、
10月から桜井日奈子さんがモデルを務めている、カジュアルファッションのアベイル新ブランドChulatteとのコラボ展開が決定いたしました。


映画『ういらぶ。』公式twitter、Avail公式twitterの両方をフォローして、
指定ツイートをリツイートしてくださった方の中から抽選で豪華賞品をプレゼントいたします!



<キャンペーン詳細>
1.映画『ういらぶ。』公式Twitterをフォロー
2.Avail公式Twitterをフォロー
3.キャンペーンツイートをRT(リツイート)!
4.当選者へ公式Twitterから返信で届く
 
※キャンペーンの参加には映画『ういらぶ。』公式Twitterアカウント/Avail公式Twitterアカウントを忘れずにフォローし、キャンペーン終了までフォローを外さないようご注意ください。

▼映画『ういらぶ。』公式Twitter
https://twitter.com/welove_movie 

▽Avail公式Twitter
https://twitter.com/gravail


▼キャンペーンツイート①
https://twitter.com/welove_movie/status/1050899165096566785


<応募期間>
10月13日(土)~11月8日(木)23:59まで ※期間中、1人1回参加できます。

<賞品>
★Chulatte賞  桜井日奈子着用コーデセット
★ういらぶ。賞  桜井日奈子サイン入り映画オリジナルポストカード&映画グッズ詰め合わせ



【注意事項】
※参加いただく際は必ずアカウントの投稿を“公開”にした状態で参加ください。投稿が非公開の場合は参加とみなされませんのでご注意ください。

※当たり、そしてはずれの@返信は、期間中1人1回となります。
※アクセス集中や環境などにより、返信に時間がかかる場合がございますのでご容赦ください。
※本キャンペーンに何度も応募するため、複数のアカウントを作成し参加した場合、これは応募資格無効とさせていただきます。
※キャンペーン対象の投稿を引用ツイートされた場合、特に下記の設定をされている方は、Twitterの仕様上、参加とみなされない場合がございますのでご注意ください。
 ・プロフィール、ユーザー名、自己紹介、画像などを設定していないアカウント
 ・頻繁にアクション(ツイート、リツイート、返信 など)を行っていないアカウント
 ・Twitterアカウント開設後、メールアドレスが本人のものか確認をするプロセスを行っていないアカウント
 ・開設直後で、上記に当てはまるアカウント
※リツイートより24時間経過しても返信が届かない場合、大変お手数ですが、映画『ういらぶ。』公式Twitterまで、DMでお問い合わせ下さい。
 ・映画『ういらぶ。』公式Twitterはこちら
  https://twitter.com/welove_movie 


○本キャンペーンは、映画『ういらぶ。』公式Twitter/Avail公式Twitterの両方をフォローいただいている方であれば、どなたでも参加できます。
○ご参加は1回限りとなります。
○13歳未満(12歳以下)の方は保護者の方がご応募ください。
○賞品ご当選の権利はご本人様のものとし、譲渡は出来ません。
○通信の際の接続トラブルにつきましては、責任を負いかねます。予めご了承ください。
○インターネット通信料・接続料はお客様の負担となります。
○本キャンペーンのご参加は、日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
 

【当選発表について】
○キャンペーン対象の投稿をリツイート後、@返信にて当落の結果をご連絡致します。
○当選された方には、当選の翌日中に公式twitterアカウントから当選された方のtwitterアカウントに向けたDM(ダイレクトメッセージ)にて賞品の発送先入力についてのご案内を致します。
○当選された方で、登録内容に不備や誤りがあった場合、また2018年11月15日(木)までに発送先情報の登録がない場合等で、賞品をお届けできない場合は、当選を無効にさせていただく場合がございます。
○本キャンペーンは、やむを得ない事情により中止または内容が変更となる場合がございますので、予めご了承ください。 
 ○ 抽選方法に関するご質問の受付は行っておりません。
○賞品の発送は2018年11月を予定しております。
※諸般の事情によりお届けが遅れる場合もございますので、予めご了承ください。

2018.10.10

完成披露試写会レポート

10月9日(火)、東京の有楽町朝日ホールで完成披露試写会が行われ、King & Prince・平野紫耀さん、桜井日奈子さん、玉城ティナさん、磯村勇斗さん、桜田ひよりさん、伊藤健太郎さん、佐藤祐市監督が出席しました。



同じマンションに住む幼なじみ4人組が織りなす、素直になれない“究極のこじらせ”ラブストーリー。優羽が好きすぎてドSのフリをするこじらせ男子・凛役の平野紫耀さんは「凛くんはとてもドSで女の子に平気で『ゴミ』とか言う。僕自身はSではないので、心が痛いと思いつつも、凛くんを尊敬しながら演じました」と役柄紹介。映画のような幼なじみどうしのラブについては「男女が一緒のグループになっての幼なじみの関係は憧れますね」と劇中設定をうらやんでいました。



凛のせいで完全ネガティブ思考になってしまったピュアすぎ女子・優羽役の桜井日奈子さんは、同世代キャストで合宿のように岡山県で行われた撮影について、「平野くんを筆頭に、みんなでワイワイしていました。常にどこかで笑いが起きているような現場。幼なじみを演じたけれど、特別なことをしなくても、自然と距離が近くなりました」と、和気あいあいとした現場を懐かしく振り返りました。



みんなを優しく見守るオカン系男子・蛍太役の磯村勇斗さんも、「クランクアップした夜にホテルに戻ったら、部屋のドアの下からお菓子がシュッ!っと出てきた。驚いてドアから廊下を見たら、紫耀くんがお菓子をドアの隙間から入れてくれていて。なんてかわいいヤツだ!と感動しました」と座長の気遣いを回想。他のキャストはそれぞれの部屋に誰がお菓子を入れていたのか知らなかったようで、平野さんは「誰にもバレていないと思った!磯くんが言わなかったら誰も知らなかったのに!」と悔しそうだった。



この日はキャスト陣に対して、映画のキャラクターにちなんだ様々なNo.1を決めるゲームを実施。



まず「こじらせNo.1」ではほとんどが平野さんを指名。しかもその平野さんは、まさかの自ら名指しで「僕は腰痛が治らなくて…こじらせているんです」と“こじらせ”違いのマジ悩みを口にして、客席は爆笑。さらに親友の優羽を溺愛する暦役の玉城ティナさんから「ギャップがあるという意味で」こじらせ指名された平野さんは「なるほどね。確かにファンからも言われる。喋っているとアレだけど、歌って踊っていると“あいつカッコいい!”みたいな」と、自画自賛で、再び場内は爆笑に。



「天然系ピュアNo.1」では、平野さんは桜井さんを指名し、「猫の話になると止まらなくなって、猫愛が凄い。それを僕はどうやって止めようかと思ったくらい。熱量が凄くて、猫をピュアに愛しているんだなぁと」とその理由を説明。当の桜井さんは「そこまで勢いよく話した記憶はないけれど…。でもそれを言うならば平野くんの現場での無意識に起こる笑いも凄かった。沢山あり過ぎて覚えていないほど」と平野さんの天然系を指摘。それに深くうなずいたのは、見た目はチャラいが実は秀才・和真役の伊藤健太郎さん。「撮影中に天然ぽいと思うところは沢山あった。だからこれはイベントで話せるぞと思ったけれど…全部忘れました!」と天然系かぶせで盛り上げた。



「クールな人No.1」ではほとんどが玉城さんを選択。平野さんから「結構役のまんまで、イメージ通り。僕と磯くんがショ~もないことを話していても、その隣でクールに笑っていた」と印象を明かされた玉城さんは「いやいや、それは単純に聞こえなかっただけ」と真実を明かすと、平野さんは「それじゃあ、おばあちゃんじゃん!」とすかさずツッコミ。ちなみに伊藤さんは、和真の妹・実花役の桜田ひよりさんから「好きなら好きとハッキリ言いそうな人No.1」に選ばれそうになったが、桜田さんは「最初そうかなぁ?と思ったけれど…でも凄く照れ屋さんだから違うと思い直しました」と見透かされていました。



最後に佐藤監督は「この業界の中でも伸びてくるであろう若く素晴らしいキャストのエネルギーをスクリーンに焼きつけたつもり。笑いあり、涙あり、ハラハラ、ドキドキあり、そして…みたいな展開になるので楽しんで」とアピール。平野さんは「キャスト、スタッフの皆さん、監督のみなさん…」とまたまた笑いを誘うも、「みなさんに支えてもらい恵まれた環境の中で、楽しくキラキラ、キュンキュン、笑いありの素敵な青春映画ができました。今年が終わるまで、あとまだ3か月ありますが、皆さんにとっての“平成最後のキュンキュン”を僕らで飾ってほしいです!」と期待を込めていました。