2018.11.30

大ヒット御礼トークショーレポート

11月28日(水)、TOHOシネマズ錦糸町にて大ヒット御礼トークショーが行われ、桜井日奈子さん、磯村勇斗さんが登壇しました。


大ヒットの反響を聞かれた桜井さんは「インスタのフォロワーが数万人くらいグッと増えました」と広がりを実感。

磯村さんは「家族が映画館で観てくれて、父親からは『観たよ』と連絡があった。でも『周りが女子高生だらけで俺は恥ずかしくて座っていられなかったよ』と言われて『頑張ったね』と伝えました」とほんわかエピソードで会場を和ませてくれました!

事前に「ういら部」の皆さんから寄せられた質問にお二人にお答えいただきました。

-----------------------------------------------------------------------
桜井さん:クリスマスの予定を教えてください!タイムリー!いいですね。

MC:今日、桜井さんの衣装、ちょっとクリスマスっぽいですね。

桜井さん:そうなんです!ちょっとクリスマス意識してきたんです。緑と赤リップと、みたいな感じで。

磯村さん:僕はもうずっとその日仕事してますね。

桜井さん:そうですよね。多分私もそうかな・・・。

磯村さん:じゃあそこはマネージャーさんに確認していただいて(笑)
     ほんとは何したい?何もなかったら。

桜井さん:えー!どうしよう!

磯村さん:めっちゃ女の子になってる、急に!(笑)すごいキラキラし始めた!

桜井さん:うーん、やっぱり21歳にもなったので、お友達とかと一緒に夜を更かしたいですね!遅い時間までお酒を飲みながら、とか、そういう大人なクリスマスを過ごしてみたいかなと。

磯村さん:友達同士が1番盛り上がるもんね。

桜井さん:磯村くんは?

磯村さん:僕も意外とクリスマスっぽいことをしてきてないので・・・パーティーというのをみんなで盛大に、仮装とかしながら、女子会みたいなことをしてみたいですね。
男子だけど、女子がやるようなわちゃわちゃするやつをやってみたいなと思います!

桜井さん:なるほどね、いいよね~。

磯村さん:キラキラした感じの!プレゼント交換みたいなのもやりたいよね。

MC:ありがとうございます!では次の質問をお願いします。

磯村さん:お2人に質問です。
私は好きな人からも異性扱いしてもらえません!「おまえ、男だったらよかったのにな〜」とよく言われます。
どうしたら女子力をあげられますか?女目線からは可愛い日奈ちゃん、男目線からはオカンに是非とも聞きたいです!
男目線からはオカンに!?ちょっと複雑だな・・・(笑)

MC:これは磯村さんが『ういらぶ。』のなかで、オカン系男子で見守るタイプだったからですかね。

磯村さん:う~ん・・・「おまえ、男だったら良かったのにな~」って言う?

桜井さん:それぐらい親しいのかな?

磯村さん:これ、でも逆に言うとさ、愛情の裏返しとかじゃないのかな。本当は男の子はその女性のことを好きなんだけど、「好き」っていうのをうまく言えなくて・・

桜井さん:こじれているの!?やだ~♡

磯村さん:凛だよ!

桜井さん:そっか、じゃあ優羽だね。「女子力あげるためにはどうしたらいいですか・・・?」みたいな。

磯村さん:どうしたらいいんだろう・・・。

桜井さん:え~女子力?自分が高くないから、私はアドバイスしづらいんだけどな・・・。

磯村さん:高くないの?

桜井さん:「もうちょっと女子力あげたら?」って周りから心配されるくらい。

MC:ちなみに女子力低いな、と思うのはどんな時ですか?

桜井さん:あの~、私バスケやってたから、爪を切る習性があまりなくて、自然と削れてっちゃうんですよ。だからあんまり、爪を切るくせみたいなのがなくて、爪が欠けちゃった時とか応急処置でハサミでいく、みたいな。

MC:ワイルドなんですね!

桜井さん:それが変わったことだと思っていなくて、ハサミで全然やっちゃってたら「爪切り使いな」みたいな(笑)・・・なんか女子力とかそういう問題じゃないですよね。
だから爪は気にしたほうがいいかなって、最近は思う!

磯村さん:確かにね!爪きれいだと、男の子はそこ見るからね。「きれいだな」っていうだけでも、1つポイント高くなるもんね。

桜井さん:爪まで意識がちゃんといってるっているだけで、やっぱり女子力ですよね。

MC:磯村さんは、男性目線でもオカン目線でも・・・どうですか?

磯村さん:そうね~。これ難しいですよね!「女子力」って言っても沢山あるじゃないですか。さっきの爪とか含めた、見た目の問題もあるし、内面的なこととかも。「おまえ、男だったら良かったのにな~」って親しみやすいってことなんだと思うんだよね。一緒にいて楽しいとか、落ち着くっていうことだと思うから・・・それって良い関係なんじゃないかな?

桜井さん:良い関係だと思う!けど・・・。

磯村さん:多分自分で結構気にしちゃってるんだと思うんだよね。自分は女子力がないって思ってしまっているから、「もっと私は可愛い女の子なんだ」って思って過ごせばいいんじゃないかな。

桜井さん:そうだよね!それをもう思ってる時点で女子だもんね。

MC:そうですね、ゼロじゃないですね。女子力ゼロだったらそこにも気づかないですもんね。

磯村さん:気づかない!だからちゃんとした女性です!

MC:(笑)どうでしょうか、みなさん参考になったでしょうか。

磯村さん:たまにはかわいこぶるのもありなんじゃないですか!

桜井さん:そういうところに、女子を感じる?

磯村さん:う~ん、なんか女子にしかできないじゃん。かわいこぶったり、可愛い仕草を見せたり。

MC:それちょっと聞いてみたいんですけど、磯村さんが「あっ!女の子だな」と思う瞬間ってどんな時ですか?

磯村さん:やっぱり髪かきあげたり、結んだりする仕草は、すべて女子!

桜井さん:あ~!(会場を見て)今ちょっと髪をかきあげようとした女子が数人(笑)

磯村さん:(笑)やってらっしゃる!男性の方はやらないでくださいね(笑)

MC:ひたすらほどいて結んでを彼の前で繰り返してみたら・・・(笑)

磯村さん:それはちょっと怖いかも(笑)。まあでも、髪は魅力的ですよね、やっぱり。

MC:ありがとうございます!では桜井さん次の質問をお願いします!


桜井さん:磯村くんが本当にタイプで、めちゃめちゃ格好よくてもう大好きです!!
磯村くんは、彼女にどんな甘え方をしますか?

磯村さん:わ~・・・そんな君に甘えたい。

会場・桜井さん:フー!

磯村さん:ちょっと言ってみたかったんですよね(照)
そうですね・・・僕わりと、女性が家事とかしてたら、ちょっと邪魔したいタイプですね。

桜井さん:えー!会場が悶えてる(笑)

磯村さん:後ろからこうハグとかしちゃったり。料理作ってたら、そういうのやりたい人です!

MC:会場から悲鳴があがっています!

桜井さん:いいと思います!

磯村さん:日奈子さんから、お墨付きいただきました!

MC:じゃあ次は磯村さん、質問をお願いします!

磯村さん:2人に質問です。好きな人には常に優しくするタイプですか?それとも意地悪しちゃうタイプですか?

桜井さん:私は・・・いじわるしちゃうかもしれない。

磯村さん:え~!どんなことするの?

桜井さん:髪、バーってやっちゃうとか?(※ぐちゃぐちゃにする)

磯村さん:何それ!すごい、いいね。多分「やめろよ~」ってなるけど、心では男性は嬉しいと思うんだよね。髪とか、ドキッとするんじゃないかな。

桜井さん:するかな?ムフッ・・「ムフッ」とか言っちゃった!気持ち悪い!(笑)

磯村さん:漏れてたぞ!妄想の声が!(笑)

MC:意外ですね。桜井さんは凛くんタイプなんですね。磯村さんはどっちですか?

磯村さん:僕、両方もっちゃってるかもしれない。優しくしたら、次いじわるしたくなっちゃうんで・・・。それでいじわるしたら今度は優しくしたくなっちゃう。

桜井さん:え~、猫みたい。

磯村さん:そうかも。冷たいこと言って、でも実は優しく接してあげる、みたいな感じかもしれない。

MC:それはいじわるしてやろうと思ってするんですか?

磯村さん:本能的かな?

MC:わ~!会場から拍手いただきました!
あんまり想像できないですよね、磯村さんから。

桜井さん:そうですね、私が磯村くんに抱いてるイメージって蛍太役に近くて。周りのバランスを見て振舞うみたいな。何色にでも染まれるような、カメレオンタイプなのかな?って思ってたんですけど・・・。

MC:なるほど・・・。意外な一面がお二人から垣間見れましたね。
では続いての質問お願いします!

桜井さん:お二人の共演シーンで一番好きなシーンはどこですか?

磯村さん:これね~!考えてみたら、優羽と蛍太って2人ではなかったよね?

桜井さん:そう!2人きりのシーンはなくて・・・幼なじみ4人でいるっていうのはあるけど、直接会話したシーンがあんまりないんですよね。
でも私、勉強会で皆揃ってるシーンが楽しかったかな!結構ふざけてたじゃない?本番始まる前とか。実花役の(桜田)ひよりちゃんが、「お名前は!?」って凛と蛍太に聞くシーンがあって。そこの動きが喉を突き刺す動きに見えて、なんかちょっと「殺されそう(笑)」みたいにわちゃわちゃして・・・(笑)あのシーン、にやけてなかった?

磯村さん:にやけてたよ!面白かったんだもん!ひよりちゃんが可愛くて、元気があってね。今までの幼なじみとか和真とは違うキャラクターが出てきたから!その勢いに押されて。すごく新鮮味があったんだよね。

桜井さん:あったね。だから皆あの時、本番で笑いをこらえるのに必死で。私ちょっと見てみたら、磯村くんにやけてるなって。(笑)

磯村さん:やめろ!集中してやってんだよ!(笑)

桜井さん:(笑)

MC:何回かご覧いただいて、そういうポイント見つけてくのもいいかもしれないですね。
ありがとうございます。では次の質問を。

磯村さん:幼なじみ4人の第一印象と撮影後の印象の変化を教えてください!
じゃあまず凛くん、(平野)紫耀くんから・・・俺意外と真面目っていうか、強面なタイプだと思ってた。ちょっと恐くてオラオラしているイメージだった!会うまでは。
でもさ・・・違うじゃん?!

桜井さん:全然違う!!すごい物腰柔らかいです。あったかい雰囲気で。

磯村さん:そう。それでお芝居に関しても真剣だしさ・・・天然だし。(笑)
第一印象どんな感じだった?

桜井さん:第一印象は・・・顔ちっちゃ!って(笑)。ここと並ぶのか~って、正直思っちゃったところはあったよね!(笑)あったけど、その印象は最後まで変わらず・・・。でも一緒に共演してみて、すごく人柄が良いっていうのは多分皆も感じてたし、「寒い」とかどんなにつらいことがあっても、そういうネガティブな言葉は一切なかった!

磯村さん:発言が全部、ポジティブにしてくれるよね!

MC:では玉城ティナさんはどうですか?

桜井さん:ティナちゃんは、私は居心地が良かったですね。パーってはじけるタイプではないけど、その静かにいる感じとか喋る雰囲気とか、一緒にいると落ち着いて。あんまり私は友達がいないんだけど、ティナちゃんとなら友達になれるかもなって!

磯村さん:んっ?(笑)

桜井さん:上京してきてそんなに経ってないから、東京での友達があんまりいなくて・・・。でも「友達ほしいな」って思ってたし、ティナちゃんとなら友達になれそうだなって。

磯村さん:そうか。玉ティナだったら寄り添えたんだ。確かに優しいし、なんか最初自分の空気感を大事にしているのかなって思ってたけど、意外と相手に対して同じ空気を作ってくれるし。独特な世界観あるけど、なんか面白いんだよね!

桜井さん:1回不思議だなって思ったのが、ポエム読まなかった?覚えてない?夢かな・・・

磯村さん:ポエム?俺が知らないだけかもしれない!

MC:女性同士でそういう感じになったんですか?

桜井さん:いや~・・・多分その場には平野くんも磯村くんも監督もいらして。「えっポエム?」っていう瞬間があったんだけど、そっか!じゃあ気のせいだったかも・・・。

磯村さん:でも本読むのが好きだから、何かのセリフを言ってたのかもしれないですね!

MC:ではお互いの第一印象はどうですか?

磯村さん:第一印象・・・でもすっごいおとなしいと最初は思ってた!喋りかけたらあんまりよくないのかなっていう空気があったんだけど、でも話したらめちゃめちゃ笑うじゃん?俺のつまんない冗談も笑ってくれるんですよ!それに真面目で一生懸命だし、すごく素敵だなと思いました。

桜井さん:ありがとうございます・・・!よく言われるんですよ、話しかけづらいって。多分出ちゃってるんだろな、人見知りが。でもこの映画のメンバーは年齢が近い子が多かったから、馴染むのも早かったですね。

MC:磯村さんの印象は?

桜井さん:ほんとにお兄ちゃんって感じでしたね。さっきもちょっと言いましたけど、現場に自分がどういるべきかみたいなのをパッと判断して、そこにいる感じだったから・・・。例えばその日、平野くんと健太郎くんが盛り上がってたら、自分はツッコんで。女子が多いところだと自分がボケて、みたいな。そういう良い環境づくりっていうのをしてたイメージがあって。「お兄さんだな~」って思ってました!バランサーでした。

MC:こう伺ってると、良い関係性ですね!皆さんそれぞれが違う個性を持っていて。たくさん答えていただいてありがとうございました!

桜井さん・磯村さん:ありがとうございました!
-----------------------------------------------------------------------

最後に桜井さんは、本作のロングランヒットに「皆さんに求められれば永遠に公開してくれるそうなので、皆さんが応援して下されば『ういらぶ。』は永遠になれます。皆さんの力で永遠にしてもらえたら嬉しいです!」と期待をこめてくれました。

磯村さんも「皆さんにWE LOVE!してもらって、永遠にこの先何十年も『ういらぶ。』が映画館で上映されるように応援してください!」と呼びかけました。

2018.11.21

大ヒット御礼トークショー決定!

映画「ういらぶ。」の大ヒット御礼トークショーが11/28(水)TOHOシネマズ錦糸町にて実施されることが決定いたしました。下記詳細をご確認の上、お買いもとめください。

イベントの実施概要については、以下のようになっております。
ご注意事項をお読みのうえ、ご利用ください。
------------------------------------------------------------------------------
【日程】 
11月28日(水)
【会場・時間】
TOHOシネマズ 錦糸町  18:30の回 上映前(19:00から上映予定)
【登壇者(予定)】
桜井日奈子 磯村勇斗(予定)
※登壇者は予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。
【チケット料金】
通常料金(前売券使用可、各種割引適用可、招待券等無料鑑賞不可)
■チケット販売:劇場ウェブ販売=11月22日(木) 0:00~ (11月21日(水)24:00~)
残席ある場合、11月28日(木) 劇場オープン時から窓口で販売開始

【注意事項】
※内容はすべて予定です。登壇者及び内容は、予告なしに変更する場合がございます。
※転売・転用を目的としたご購入は、固くお断り致します。
※いかなる事情が生じましても、ご購入・お引換後の鑑賞券の変更や払い戻しは出来ません。
※場内でのカメラ(携帯電話を含む)・ビデオによる録画・録音等は、固くお断り致します。
※当日はマスコミ取材が入ります。あらかじめご了承ください。
------------------------------------------------------------------------------

2018.11.20

大ヒット御礼トークSHOW!レポート

11月19日(月)、TOHOシネマズ日比谷にて「大ヒット御礼トークSHOW!」が行われ、主演の平野紫耀さん(King & Prince)が登壇しました。


オープニング週末の動員成績で邦画1位を獲得した本作の反響を聞かれた平野さんは「映画を観たよとかおめでとうとか、たぶんそういうメールが届いていると…思います」とコメントしたうえで、「僕はあまりメールを見なくて、よく『お前未読しすぎだぞ』と言われるほどで、全然見てないので未読メールは100件以上ある」と告白。
その理由は「手が小さくて親指が(携帯電話の)あ行に全然届かないから。だから僕はメールよりも電話派です」とのこと。

また今年の紅白歌合戦への初出場が決定したことには「とあるインタビューで『紅白に出たい』と言ったけれど、まさかデビューして1年目の僕たちが紅白という大舞台に出られるとは思わず、急に決まったのでビックリとワクワクが同時に来て複雑な気持ち。でもめちゃくちゃ楽しみ」と現在の心境を語りました。

この日のイベントでは「平野紫耀のなんでも答えまSHOW~~!!」としてSNSに寄せられた質問やリクエストに平野さんが答えることに。

------------------------------------------------------------------------
平野さん:映画での、凛と和真のように、平野くんは恋愛やそれ以外でも何かを巡って争ったことはありますか?

あぁ~なるほど。恋愛やそれ以外で何かを巡って争ったこと…ないですね!
基本、僕、譲っちゃうんですよ。なんでも。喧嘩になりそうだな、と思ったら、「はい、どうぞ~」って、すぐ譲っちゃうので、あんまり取り合いになることはないですね。でも、雑誌とかでも結構聞かれるんですけど、もしメンバー内で同じ1人の子のことを好きになったら、それは譲りたくないなと思いますね。

MC:でもまだ、なったことはない?

平野さん:ないですね!

MC:ありがとうございます!どんどん行きましょう。

平野さん:楽しい~これ。行きますね。私は…兼業主婦?え?専業主婦?え、でも「専門」の「専」じゃないの。

会場:兼業主婦!

平野さん:何?けんぎょうしゅふ?

MC:兼業主婦。お仕事と主婦を両立されている方ですね。

平野さん:あ!素敵だぁ。
私は、兼業主婦ですが、夫は「ありがとう」を言わないし、時々頑張ってるのがしんどくなります。平野くんなら、どんなふうに奥さんを労いますか?…
ちょっとこれ、難しいのがいっぱい入っているので次行きましょう!

MC:平野さん、どのあたりが難しかったですか?(笑)

平野さん:「兼業主婦」と、「労う」って何?あの、お金のやつ?お金のなんか…「もうちょい安くしてよ~」みたいなやつじゃないんですか?

MC:それは「値切る」ですね。

平野さん:ねぎらう?

MC:「頑張ってるね」とか「いつもありがとう」とか…

平野さん:なるほど!そういうことか!俺が旦那さんだったらってことですか?あぁ、そういうことか!
僕なら、最近言ってないなと思ったら、奥さんより早めに帰宅して、部屋とか飾り付けして、プレゼントも用意しておいて、帰って来たら「いつもありがとう」ってたぶん伝えると思います。

MC:ありがとうございます。次行きましょう!

平野さん:わ、長い長い。流暢に行きます!別れてから数年が経ちますが…(噛む)ははは(笑)。(会場に向かって)ちょっと集中させて?

別れてから数年経ちますが、初めて付き合った彼氏のことが忘れられません。忘れたくて別の人と付き合っても、なかなか長続きしなくて困っています。紫耀くんだったら、前に進むためにはどうしたらいいと思いますか?

…あぁ~はは~!やめてほしい、こういうのは(笑)。いいなぁ。
そっか、最初の男性が忘れられないってことですよね。う~ん…それはもうわからん、僕には。なんか違うんでしょうね、その人とは、相性が。わからないですけど。僕だったら、普通に全部1回パって忘れて…っていうか、忘れられなかったら戻ればいいじゃん!

MC:それができない理由が何かあるんでしょうね…

平野さん:まぁ、相当な何かがあったんでしょうね。でも僕、本当に好きな人だったら、別れて何年かしたら多分戻ると思うんですよ。運命的な。だからそれを信じて、頑張ってくださいっ!
皆さんもたぶん、数年したら、「○○担になります!」って行くと思うんですけど、運命だったらまた戻って来てくれると思います。僕は信じておりますので!はい。

MC:ありがとうございます(笑)。次行きましょう。

平野さん:こじらせまくりの凛くんに、平野くんから、一言、ガツンと言ってください!

「好きって言っちゃいなよ!」…次行きまーす(照)。

平野さん:「ういらぶ。」大ヒットおめでとうございます!主題歌はKing & Princeの「High On Love!」ですが、今、紫耀ちゃんが一番Loveなものに対して、Highテンションで愛を叫んでください。

MC:あのあたり(会場の1番後ろ)にLoveなものがあると想定して…

平野さん:行きますね!……メンバーあああ~!!!
これはもう、ノーコメントで次行っていいですかね(笑)。

平野さん:私は、片思いかわからない人がいます。で、私は告白したいなと思っています。男子は告白されたいですか?

あ~なるほどね。それは人によって違うんじゃないですかね。だって今、草食系男子が流行ってきてるじゃないですか。…流行ってきてる?だいぶ古いかもしれないですけど。
でも僕は、男として、告白されたくないです。「平野くん、私ずっと前から…」「ちょっと待って!」って多分入ると思います。僕は僕から言いたいです、男として。まぁ僕の意見ですけどね、あくまでも。
仮に告白してみたらどうでしょう?だからゆっくり、僕みたいに止められるくらいのスピードで「なんとかくん…私は、ずぅっと前から…」くらいのところでストップできたら、ベストタイミングですね!

MC:ありがとうございます(笑)。続いて…

平野さん:平野くんに聞きたい!どうしたら好きな人を遊びに誘えるの?私には勇気がありません。平野くんだったらどうやって遊びに誘いますか?

あ~なるほど。遊びってどういう遊びだろう。
え~なんでしょうね。もし僕だったら、きょうちゅう…噛んじゃった(笑)。共通の趣味を見つけますかね。ダイビングだったらダイビング、スカイダイビングだったらスカイダイビング、それが好きってなったら「あぁ、じゃあ一緒に行こうよ!」みたいな。
まぁ他にもありますけど、あとはファッションだったりとか。服って誘いやすくないかな?ショッピング?
僕だったら普通に話してて、ドライブ好きなんで「1人でドライブ行くの寂しいから一緒に行かない?」みたいな。
(会場に向かって)行きたい?…あっ、すいません(笑)。
でもいつかそういう企画とかで行けたらいいですよね、ファンの皆さんとかとね。

MC:それはバスツアーとかですか?

平野さん:あ、バスツアーいいじゃん!でも僕しゃべらないですよ、運転手側だから。紹介はしますけどね。「まもなく駅です」みたいな。そっち側ですね、どちらかといえば。

平野さん:次行きます!私は好きな人に、凛くんみたいに、いじめはしないけど冷たい態度をとってしまいます。どうしたらさりげなく「好き」って行動で表せますか?また、紫耀くんはどんなときに「この子僕のこと好きなのかなぁ」って思いますか?

どうなんですかね?でも僕は単純な男なので、1回目が合ったらもう好きなんだな、って思いますけどね。
教室とかで、チラって目が合うじゃないですか。そらし方にもあれがあるんですよ!目が合って、こうそらしたら(下を向く)好きなんですよ。でもこうそらしたら(そっぽを向く)たぶん好きじゃないです。だから僕は多分アイコンタクトで察しますね。来た!みたいな。そらし方結構重要じゃない?…そうでもないかな(笑)。でも男性って追いかけたい人が多いから、冷たい態度はいいと思いますけどね。

MC:たまに、目のそらし方を変える?

平野さん:はい。完璧ですね、それは。

MC:参考になりました。ありがとうございます。

平野さん:ありがとうございます!…すっごい楽しいんですけど。全然お仕事してる気分じゃないです、すみません(笑)。

今年受験生で、ライブも行けずにジャニアイも行けません。全国の受験生に、勉強を頑張れる一言をお願いします。

結構いらっしゃるんですよ、受験勉強とライブが重なって行けなかったりとかね、あるんだよね。
でも、お互いが思い合っていれば必ず会えると思うので、今は我慢してたくさん勉強して、将来会えたらな、と思います。なので勉強しながら曲かなんかをかけていただけたら、頑張れるんじゃないかと思います。わからないですけど、僕、勉強してこなかったので…(笑)。将来、いつか必ず会いましょう!という言葉は伝えたいですね。

平野さん:恋愛ごとが結構多いですね!
はい。ダイエットが上手くいかない私に、ドSな一言をお願いします。

なるほど(笑)。恋愛ごとじゃなかった!(紙を投げ捨てる)…あ、ごめんごめん投げちゃった、もう入ってたからさ、ドSに。

「…痩せろ、バーカ!」

会場:キャ~!!!

平野さん:ごめんね、失礼なこと言って。クリスマスは何をして過ごしますか?教えてください!なるほどね。今、ちょうどクリスマスの24日、25日…あれ?どっちがどっち?

MC:クリスマスは25日ですね。

平野さん:そうですね。来月からちょうど舞台があるんですけど、舞台の本番中なんですよ。なのでそれが終わってから、今メンバーと話し合ってて、みんなで「鍋やろうぜ!」ってなってますね。
世間のリア充たちを恨みながら、鍋します。ははは!すみません、こじらせてるねぇ~(笑)。

MC:次でラスイチです!

平野さん:ラスト!ラストだって。読みます。私は優羽ちゃんみたいに人見知りで、学校では男子とあまり話せなくて、直したいなと思ってるんですけど、どうしたら男子とも普通に喋れるようになりますか?

人見知りなんだね。え~男性と喋れるようになるにはどうしたらいいのか…わからない…僕もあんまり女子と喋ってこなかった人なんで。学校で。中学時代はたぶん1、2、3年生合わせて、10回も女子と喋ってない気がします。マジマジマジマジマジ。

MC:それはなぜですか?

平野さん:なんか男友達だけで成立しちゃってたんですよね。楽しさが。だから彼女がもしできて、友達が疎かになるのも嫌だし、彼女にも疎かになるのも嫌だから、男子だけで固まろう!みたいな。っていうのが多かったから、わからないですねぇ対処法は。でも学校だとある程度できてるでしょ?女子は女子、男子は男子みたいな。いない?ここに学生。いる?今まだ10代ですよ~って人。どうしてるの?

会場:みんな仲良しー!

平野さん:みんな仲良し?あ、それはそれでいいじゃない。

MC:ちなみに平野さんの10回くらいしかなかったという会話はどのような会話だったんですか?

平野さん:「おはよう」とかですね。あとは修学旅行で班を組んで、男子3人女子3人みたいなので行くみたいなときも、男子3人で別行動してましたもん、僕ら。その班からはずれて。だから女子会とか男子会みたいになってましたね、修学旅行は。だから解決法は…なんだろう…パンチしてみればいいんじゃないですか?1回。「おい~」みたいな。(笑)

MC:急にですか?(笑)平野さんがもしされたら、どんな反応になりますか?

平野さん:「なんだよ!」って。でも男子はたぶん嬉しいと思いますけどね。そういう雑な絡み。

MC:意外と近くなるかもしれないですね。最後に難問が来ちゃいましたね。

平野さん:難問でしたね。最後ふわっとして終わっちゃいましたけど…ありがとうございました!楽しかったです。
-------------------------------------------------------------------

さらにこの日は、本作のために座長として頑張った平野さんを労うべく、大好物であるお菓子・ぬれおかきで作った特製ぬれおかきタワーと、「お札に乗ることが夢」という平野さんのために、平野さんの顔が印刷されたお札型パネルがステージに登場。
このサプライズに大喜びの平野さんは、おかきタワーが800個のおかきで作られていると聞くと「嘘でしょ!え~!」と驚きながら「800個だったら…俺なら二日で食べられる!」とぬれおかき好きらしい発言が飛び出していました。


更に平野さんの「WE LOVE」の掛け声のあとに、観客が「ういらぶ!」とコールするタイミングで、観客全員がクラッカーを鳴らし「紫耀くんおめでとう!」とまたも、サプライズ。
それに対し平野さんは腰が抜けて「撃たれたかと思った~!」とタジタジの様子でした。
イベントの最後には「1年前に岡山県で素敵なキャストと監督に囲まれ、幼なじみ感のあるキュンキュンも入っている素敵な映画が撮れました。皆さんにも何度もキュンキュンしてもらって、この映画とともに思い出を作ってもらえれば」と満面のスマイルで語ってくれました!!


2018.11.13

公開記念舞台挨拶(東京)レポート

11月10日(土)、TOHOシネマズ日比谷にて公開記念舞台挨拶が行われ、主演の平野紫耀さん(King & Prince)、ヒロインの桜井日奈子さん、玉城ティナさん、磯村勇斗さん、桜田ひよりさん、伊藤健太郎さん、佐藤祐市監督が登壇しました!


この日は上映後のお客様に向けて好きな劇中シーンを再現する企画を実施。「僕はご自身のシーンでいきたい」という謎の敬語に登壇者たちから「ワードのチョイスが…」と指摘された平野さんですが、伊藤さんを相手に壁ドンシーンを再現。客席からは歓声があがりました。平野さんは「バチバチしていて、空気の悪い感じがとても好きです」と再現理由を明かしました。



それに対し桜井さんは「私のお気に入りシーンをやられた!」と困惑するも、平野さんと磯村さんを相手に自身が演じる優羽のこじらせ場面を披露。”あわわポーズ”を再現するも、なかなか次のセリフを平野さんと磯村さんが言ってくれず、耐え切れずに「早く言ってよ!」と突っ込む場面も。桜井さんは「自分で観てもクスッときた場面。こじれているなぁというのが伝わってくる場面です」と振り返った。



玉城さんは、「真面目な場面をやります!」ということで、「優羽は自分の気持ち、もっと大切にしな」と女同士の友情に思わずほろっとくる名場面を再現。磯村さんは、妹・実花役の桜田さんを頭ポンポンし、客席の女性たちを沸かせました。桜田さんは、凛に向かって「もっとヤキモチやかせてやりましょうよ」と迫るシーンを披露。伊藤さんは、平野さんの壁ドンに付き合ったのに・・・と言いながらも、決めセリフ「勝負メガネのおかげかな?」をカッコよくキメてくれました!



さらに【『ういらぶ。』チームの心は通じ合っている!?以心伝心ゲーム】を男子チームVS女子チームに分かれて実施。まずは男子チームに「初恋の味と言えば?」というお題が。それに思いのほか頭を悩ませる3人。平野さんはしれっと「次の質問で!」とパスを求めるも、出した答えは「はちみつ」(平野さん)、「いちご」(磯村さん)、「ストロベリー」(伊藤さん)。平野さんの「はちみつ」という意外なチョイスに磯村さんは「凄く甘い初恋だったんだね」と爆笑するも、女子チームは「私たちはレモンだと思った」と感想。それに平野さんは「あ~、レモンも迷った!自分は甘すぎるのに特化しちゃった」と反省していました。



女子チームのお題は「告白の定番の場所」で、「公園」(桜井さん)、「校舎裏」(玉城さん)、「教室」(桜田さん)と残念ながらバラバラ。玉城さんは「女子チームの難易度高くないですか?」と思わずツッコミ。



続く男子チームは「風邪の時に食べるもの」というお題に対して「これは余裕!」と全員が「おかゆ!」と返答。

「ペットの定番」を出題された女子チームは、リベンジとばかりに打ち合わせ禁止にも関わらず、3人でゴニョゴニョ。桜田さんによる「日奈ちゃんが私の方に向かって口をパクパクしてくる!」という内部告発も飛び出しましたが、全員が無事「犬」と答えて大正解。



男子チーム最後の問題「初デートでの定番」という出題に、平野さんは「それはどういうことでしょうか?地域的なこと?目的地?すること?」と想像を膨らまし、磯村さんから「一度18歳に戻ろう!高校時代に!」というアドバイスが。平野さんからの「女子高生が日常的にキュンとくるもの!」というヒントを踏まえながら、平野さんと磯村さんは「手ツナギ」と回答。しかし伊藤さんだけ「家」と答え、平野さんから「インドア派なんだね」とツッコまれていました。

女子チーム最後の問題「学校で食べるお昼のパンの定番」では、女子チームは身振り手振りを交えて「可愛い系にしておく?」「線がいっぱい入っているあれだよね?」「見た目はシンプル?」などと、かなり大胆にやりとり。伊藤さんから「君たち、ルールがあるのを知っているの?」というクレームが入りながらも、桜井さんと玉城さんは「メロンパン」、桜田さんは「サンドイッチ」と答えた。これで女子チームの敗北となるかと思いきや、桜田さんの「やっぱりメロンパンで!」という訂正を佐藤監督判定でOKに。よって男女引き分けとなり、男女ともに仲がいいという結果におさまりました。

最後に佐藤監督は「撮影当初からみんなが意気投合してありがたかったです。画面からみんなの仲の良さがにじみ出ていると思います」とチームワークの良さに太鼓判。



桜井さんは「たくさんの方に観ていただき、キュンキュンしたとか、ほろっとしたとか、たくさんの感想を聞いて、たくさんの方々に愛されて嬉しいです。これからもお友達と一緒にワイワイ楽しみながら観てほしいです」とアピール。

平野さんは「朝から『ういらぶ。』を観てくれて本当にありがとうございます。一度しかない人生の中で、僕らのことを観ていただけて嬉しいです。皆さんを見る限り、肌つやがよくなっているので、キュンキュンしてくれたのではないかと思います。友達や家族などを誘ってまた観てください」とにこやかに話し、大盛り上がりの舞台挨拶を締めくくりました!


2018.11.12

映画『ういらぶ。』 キュン声♡絶叫上映  11/22(木)東京・大阪・名古屋にて開催決定!

凛と優羽、初々しい2人の恋をみんなで応援!
キュンキュンして黙ってられない<キュン声>を思いっきり出してOK!
大好きすぎて<好き>って言えない2人のかわりに、大きな声で<好き>を叫ぼう!

東京・TOHOシネマズ新宿、大阪・TOHOシネマズ梅田、名古屋・109シネマズ名古屋にて実施いたします。
チケット販売方法、鑑賞レギュレーションをお読みのうえ、ご参加ください。


【鑑賞レギュレーション】
鑑賞中の発声可能・サイリウム/ペンライトの使用可能・タンバリン・鈴の使用可能/うちわ持込OK
※注意事項をよく読んで周囲の鑑賞を過度に妨害しないよう配慮お願いします
※静かに鑑賞したい方には不向きな上映となります

◆鑑賞時の禁止事項・注意事項
当日マスコミ取材が入る場合がございます。予め、ご了承くださいませ。
タンバリン・鈴以外の楽器の使用の禁止、座席の上に立ち上がる、登るなどの行為、スクリーン前の占拠、スタンディングなど、他の観客の間隙を妨害する行為、上映中劇場内を走るなどの危険行為、作品や他の観客へのヤジや妨害、前の座席を叩く、蹴る等、直接不快感を与える行為、性的な表現や差別的な表現を含む発声、紙くず、飲食物をまき散らす等、劇場を汚す行為、その他危険と判断される行為、これらは禁止とさせていただきます。また、当日スタッフの指示に従っていただけない場合は退場いただく場合がございます。過度の発声、タンバリンやサイリウムの過度の使用、また、うちわを高く上げ続ける等の行為は周囲のお客様の鑑賞の妨げとなる場合がございますので、配慮をお願いいたします。タンバリン・鈴はロビーや通路で鳴らさないで下さい。

映画公式SNSでイベント情報を随時更新! #ういらぶ。

<実施日時・場所>

【11月22日(木)】
■東京:TOHOシネマズ新宿
■大阪:TOHOシネマズ梅田
開場:17:45 予定
開演:18:00(注意事項約5分+本編100分)
※予告編上映はございません、お早めにご着席ください。

●チケット販売
【PC・スマートフォン】11月15日(木)0:00~(=11月14日(水)24:00~) 
【劇場窓口】11月15日(木) 劇場オープン時~
※シネマイレージ会員の早期購入(上映3日前、21時からの購入)対象外です。

●料金 
通常料金
※ムビチケカード・ムビチケオンラインもご利用いただけます。

●販売方法(購入方法)
パソコン TOHOシネマズHP https://www.tohotheater.jp
劇場窓口 各劇場窓口にてお買い求めください。

◆チケットについて
※販売対象の全座席をPC・スマートフォンよりインターネットでご購入いただけます。完売した場合、劇場窓口(当日券含む)での販売はございません。
※インターネット・オークションへの出品その他の転売目的での入場券の購入及び転売はお断りします。
※営利を目的として転売された入場券及びインターネットを通じて転売された入場券は無効とし、当該入場券による御入場はお断りします。
※インターネットからのご購入は、「クレジットカード」「TOHOシネマズギフトカード」「docomo、au、SoftBank通話料決済」「楽天ID」がご利用いただけます。
※イベントの予定は、急遽変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※イベント該当日時の回のチケットをご購入いただいた方のみ、イベントをご覧いただけます。
※劇場内での写真・動画撮影(携帯カメラ含む)や録音は固くお断りいたします。
※チケット販売当日はアクセスが集中し、つながりにくい場合がございます。あらかじめご了承ください。
※いかなる事情が生じましても、ご購入後・お引き換え後の鑑賞券の変更や払い戻しはできません。

【11月22日(木)】
■名古屋:109シネマズ名古屋
開場:17:45 予定
開演:18:00(注意事項約5分+本編100分)
※予告編上映はございません、お早めにご着席ください

●料金 
通常料金
※ムビチケカード・ムビチケオンラインもご利用いただけます。

●チケット販売
【PC・スマートフォン】11月15日(木)0:00~(=11月14日(水)24:00~)
【劇場窓口】11月15日(木)劇場オープン時~

●販売方法(購入方法)
パソコン 109シネマズ名古屋公式HP https://109cinemas.net/nagoya/
劇場窓口 劇場窓口にてお買い求めください。

◆チケットについて
※販売対象の全座席をPC・スマートフォンよりインターネットでご購入いただけます。完売した場合、劇場窓口(当日券含む)での販売はございません。
※インターネット・オークションへの出品その他の転売目的での入場券の購入及び転売はお断りします。
※営利を目的として転売された入場券及びインターネットを通じて転売された入場券は無効とし、当該入場券による御入場はお断りします。
※インターネットからのご購入は、「各種クレジットカード」「楽天ID」がご利用いただけます。
※イベントの予定は、急遽変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※イベント該当日時の回のチケットをご購入いただいた方のみ、イベントをご覧いただけます。
※劇場内での写真撮影(携帯カメラ含む)や録音は固くお断りいたします。
※チケット販売当日はアクセスが集中し、つながりにくい場合がございます。あらかじめご了承ください。
※いかなる事情が生じましても、ご購入後・お引き換え後の鑑賞券の変更や払い戻しはできません。

2018.11.09

感想投稿キャンペーン実施!

本作の公開を記念して、感想をTwitterで投稿すると、抽選で映画オリジナルグッズが当たるキャンペーンを実施します!

【応募方法】
1:映画『ういらぶ。』公式Twitterアカウント( https://twitter.com/welove_movie )をフォロー
2:映画『ういらぶ。』の感想を【#ういらぶ観た】のハッシュタグをつけて投稿してください。

【応募期間】
2018年11月9日(金)~11月25日(日)

【賞品】
・映画『ういらぶ。』オリジナルふせん(5名様)

【注意事項】
・参加いただく際は必ずアカウントの投稿を“公開”にした状態で参加ください。投稿が非公開の場合は参加とみなされませんのでご注意ください。
・当選の権利はご当選者本人のものとし、換金、譲渡、インターネットオークションなどへの売買行為は禁止いたします。
・応募状況・当選情報に関するお問合せにはお答えいたしかねますのでご了承ください
・本キャンペーンは、やむを得ない事情により中止または内容が変更となる場合がございますので、予めご了承ください。

【当選発表について】
・当選された方には、公式アカウントから当選された方のアカウントにダイレクトメッセージにて賞品の発送についてのご案内を致します。
・連絡不能により賞品のお届けができない場合は、当選を無効とさせていただきます。
・当選者の発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。

【個人情報の取り扱い】
・当選者からお預かりした個人情報は、本キャンペーンの当選のご案内、ご本人様確認にのみ使用し、本件に関する諸連絡の目的以外に利用することはございません。キャンペーン終了後は、当社の個人情報保護方針にしたがって適切に取り扱います。
・キャンペーン事務局は、法令により認められた場合を除き、ご本人の同意を得ることなく、第三者に個人情報を提供しません。

2018.11.06

★最新メディア情報★※11月9日(金)更新

【テレビ】 ※OA日時・内容は予告なく変更の可能性がございます。

・10月21日 21:00~21:54 NTV 「行列のできる法律相談所」 平野紫耀さん

・10月22日 22:00~23:00 NTV 「しゃべくり007」 平野紫耀さん

・11月1日 21:00 - 21:54 NTV 「秘密のケンミンSHOW」 桜井日奈子さん

・11月2日 19:00~19:57 CX 「坂上どうぶつ王国」 平野紫耀さん

・11月3日 4:15~4:45 TBS 「開運音楽堂」 桜井日奈子さん

・11月3日 12:00~13:30 NTV 「メレンゲの気持ち」 平野紫耀さん

・11月4日 11:40~11:45 TBS 「メトログ」 桜井日奈子さん

・11月4日 22:00~22:54 TBS 「林先生が驚く初耳学!」 平野紫耀さん

・11月4日 24:30~25:25 CX 「Love Music」 平野紫耀さん

・11月5日 20:00~21:00 CX 「痛快TVスカッとジャパン」 平野紫耀さん

・11月5日 21:00~22:54 NTV 「くりぃむしちゅーの!THE☆レジェンド」 平野紫耀さん

・11月5日 19:00~20:00 NTV 「有吉ゼミ」 桜井日奈子さん

・11月6日 19:00~19:56 NTV 「火曜サプライズ」 平野紫耀さん

・11月7日 21:00~21:54 NTV 「今夜くらべてみました」 平野紫耀さん

・11月8日 19:00~21:00 CX 「奇跡体験!アンビリバボー」 桜井日奈子さん

・11月9日 23:40~0:10 CX 「ネタパレ」 平野紫耀さん

・11月10日 19:00~20:54 NTV 「世界一受けたい授業」 平野紫耀さん

・11月14日 20:00~20:54 EX 「ミラクル9」 桜井日奈子さん

---------------------------------------------------------------------

【ラジオ】 ※OA日時・内容は予告なく変更の可能性がございます。

・10月20日 27:00~28:30 ニッポン放送「健太郎のオールナイトニッポン0」 佐藤祐市監督

・11月1日 21:30~22:00 TBSラジオ 「エンタメEXPRESS」 平野紫耀さん

・11月3日 22:00~23:55 TBSラジオ 「TALK ABOUT」 桜井日奈子さん

・11月8日 21:30~22:00 TBSラジオ 「エンタメEXPRESS」 平野紫耀さん

・11月10日 25:00~27:00 TBSラジオ 「JUNKサタデー エレ片のコント太郎」 磯村勇斗さん

---------------------------------------------------------------------
【新聞・雑誌】

・9月15日 「LARME」 桜井日奈子さん

・9月22日 「SODA」 平野紫耀さん

・9月22日 「月刊TVガイド」 平野紫耀さん

・9月28日 「TVガイドPLUS」 平野紫耀さん

・10月1日 「Cinema★Cinema (シネマシネマ)」 平野紫耀さん(表紙)

・10月1日 「ぴあ Movie special」 平野紫耀さん(表紙) 桜井日奈子さん 佐藤祐市監督 

・10月1日 「J movie magazine」 平野紫耀さん(表紙)

・10月1日 「Seventeen」 平野紫耀さん

・10月1日 「シネマスクエア」 平野紫耀さん(表紙) 佐藤祐市監督

・10月3日 「TVfanCROSS」 平野紫耀さん

・10月4日 「SCREEN plus」 桜井日奈子さん

・10月5日 「Sho-Comi」 桜井日奈子さん

・10月10日 「高校生新聞」 平野紫耀さん

・10月12日 「and GIRL」 平野紫耀さん

・10月12日 「+act. ( プラスアクト )」 平野紫耀さん

・10月12日 「ar」 磯村勇斗さん

・10月14日 「TOHOシネマズマガジン」 平野紫耀さん

・10月15日 「QLAP!」 平野紫耀さん 佐藤祐市監督

・10月17日 「読売ファミリー」 平野紫耀さん(表紙)

・10月17日 「週刊TVガイド」 平野紫耀さん

・10月18日 「ピクトアップ」 平野紫耀さん

・10月20日 「Sho-Comi」 平野紫耀さん(表紙) 桜井日奈子さん(表紙)

・10月20日 「FLIX」 平野紫耀さん(表紙)

・10月20日 「mina」 平野紫耀さん

・10月20日 「ch Files」 桜井日奈子さん

・10月20日 「SCREEN」 平野紫耀さん

・10月22日 「JUNON」 磯村勇斗さん

・10月22日 「ポポロ」 平野紫耀さん

・10月22日 「ニコ★プチ」 平野紫耀さん

・10月22日 「Myojo」 平野紫耀さん

・10月22日 「SODA+ Actress」 桜井日奈子さん

・10月23日 「Ray」 平野紫耀さん(表紙)

・10月23日 「Cancam」 平野紫耀さん 桜井日奈子さん

・10月23日 「JJ」 平野紫耀さん

・10月23日 「ViVi」 磯村勇斗さん

・10月23日 「SPUR」 平野紫耀さん

・10月24日 「月刊ザテレビジョン」 平野紫耀さん

・10月24日 「TV navi」 平野紫耀さん

・10月24日 「月刊TVガイド」 平野紫耀さん

・10月24日 「TV fan」 平野紫耀さん

・10月26日 「HOT PEPPER」 磯村勇斗さん

・10月27日 「中日こどもウイークリー」 平野紫耀さん

・10月28日 「CLASSY」 平野紫耀さん

・10月28日 「サクラサクライフ」 桜井日奈子さん(表紙)

・10月28日 「MORE」 平野紫耀さん

・10月29日 「Mac fan」 桜井日奈子さん(表紙)

・10月30日 「月刊エンタメ」 桜井日奈子さん

・10月30日 「サンデー毎日」 平野紫耀さん(表紙)

・10月31日 「TV LIFE」 平野紫耀さん

・10月31日 「TVガイドAlpha」 平野紫耀さん

・11月1日 「nicola(ニコラ)」 平野紫耀さん 桜井日奈子さん

・11月1日 「日本映画navi」 平野紫耀さん(表紙) 佐藤祐市監督

・11月1日 「キネマ旬報NEXT」 平野紫耀さん

・11月1日 「女性セブン」 平野紫耀さん

・11月3日 「りぼん」 平野紫耀さん 桜井日奈子さん

・11月3日 「日刊スポーツ」 平野紫耀さん

・11月4日 「ちゃお」 平野紫耀さん

・11月4日 「朝日中高生新聞」 平野紫耀さん

・11月5日 「Sho-Comi」(ムービーブック) 平野紫耀さん 桜井日奈子さん 玉城ティナさん 磯村勇斗さん 伊藤健太郎さん 桜田ひよりさん


・11月7日 「POTATO」 平野紫耀さん 磯村勇斗さん

・11月7日 「ESSE」 平野紫耀さん

・11月7日 「日経WOMAN」 平野紫耀さん

・11月7日 「duet」 平野紫耀さん

・11月7日 「anan」 平野紫耀さん(表紙)

・11月7日 「週刊TVガイド」 平野紫耀さん(表紙)

・11月7日 「週刊ザテレビジョン」 平野紫耀さん(表紙)

・11月8日 「ザテレビジョン COLORS」 平野紫耀さん

・11月8日 「プチコミック」 平野紫耀さん

・11月9日 「BOMB」 桜田ひよりさん

・11月9日 「朝日小学生新聞」 平野紫耀さん

・11月9日 「MEN'S NON-NO」 磯村勇斗さん

・11月13日 「ベツコミ」 平野紫耀さん

---------------------------------------------------------------------

【WEB】

・9月27日 「NOSH」 玉城ティナさん

・10月20日 「シネマトゥデイ」 平野紫耀さん

・10月24日、25日、26日、27日 「NOSH」 磯村勇斗さん

・10月29日 「シネマトゥデイ」 平野紫耀さん

・10月30日 「めちゃコミック」 桜井日奈子さん

・10月31日 「NOSH」 伊藤健太郎さん

・10月31日 「LINE進学」 磯村勇斗さん

・10月31日「Movie Walker」 平野紫耀さん

・10月31日 「モデルプレス」 桜井日奈子さん

・11月2日 「Nom de plume」 平野紫耀さん 桜井日奈子さん

・11月2日 「C Channel」 桜井日奈子さん 磯村勇斗さん 伊藤健太郎さん

・11月2日 「GYAO!トレンドニュース」 玉城ティナさん 磯村勇斗さん

・11月2日 「HUSTEL PRESS」 桜井日奈子さん

・11月2日 「Deview/デビュー」 桜井日奈子さん

・11月2日 「NOSH」 桜井日奈子さん

・11月3日 「エンタメステーション」 平野紫耀さん

・11月4日 「クランクイン!」 桜井日奈子さん

・11月4日 「映画ランド」 桜井日奈子さん 玉城ティナさん

・11月5日 「ランキングBOX」 平野紫耀さん 桜井日奈子さん

・11月5日 「webザテレビジョン」 桜井日奈子さん

・11月5日 「シネマトゥデイ」 磯村勇斗さん

・11月5日 「109ニュース」 玉城ティナさん 磯村勇斗さん

・11月6日 「ランキングBOX」 桜井日奈子さん

・11月6日 「めちゃコミック」 桜井日奈子さん

・11月6日 「モデルプレス」 平野紫耀さん

・11月6日 「マイナビニュース」 平野紫耀さん 桜井日奈子さん

・11月6日 「シネマジーン」 伊藤健太郎さん 桜田ひよりさん

・11月7日 「シネマジーン」 伊藤健太郎さん 桜田ひよりさん

・11月7日 「NOSH」 平野紫耀さん

・11月7日 「オリコンニュース」 平野紫耀さん

・11月7日 「シネマトゥデイ」 桜田ひよりさん

・11月7日 「HUSTEL PRESS」 桜田ひよりさん

・11月7日 「マイナビティーンズ」 平野紫耀さん

・11月7日 「シネマジーン」 玉城ティナさん 磯村勇斗さん

・11月8日 「HARUHARU」 平野紫耀さん 桜井日奈子さん

・11月8日 「シネマジーン」 平野紫耀さん 桜井日奈子さん

・11月8日 「girlswalker」 伊藤健太郎さん 磯村勇斗さん

・11月8日 「リアルサウンド映画部」 平野紫耀さん

・11月8日 「モデルプレス」 平野紫耀さん

・11月8日 「TIMELINE」 桜井日奈子さん

・11月8日 「ARINE」 桜井日奈子さん

・11月8日 「ビデオパスnavi」 桜井日奈子さん 玉城ティナさん

・11月9日 「C Channel」 桜井日奈子さん 磯村勇斗さん 伊藤健太郎さん

・11月9日 「エマリー」 桜井日奈子さん 玉城ティナさん 磯村勇斗さん

・11月9日 「girlswalker」 平野紫耀さん 桜井日奈子さん

・11月9日 「HARUHARU」 玉城ティナさん 磯村勇斗さん

・11月9日 「フミコミュ」 伊藤健太郎さん 桜田ひよりさん

・11月9日 「GYAO!トレンドニュース」 平野紫耀さん

・11月9日 「ローリエプラス」 平野紫耀さん

・11月9日 「シネマカフェ」 桜井日奈子さん

・11月9日 「Street Girls Snap」 平野紫耀さん 桜井日奈子さん

・11月10日 「bisSPA!」 桜井日奈子さん

・11月10日 「シネマトゥデイ」 磯村勇斗さん

・11月10日 「ウレぴあ総研」 平野紫耀さん

・掲載予定 「プリキャンティーンズラボ 」 伊藤健太郎さん 磯村勇斗さん

2018.11.02

ロケ地・岡山県とのタイアップが決定!

『ういらぶ。』のロケ地・岡山県とのタイアップ展開が決定いたしました!

◆ロケ地マップや、原作とタイアップした「ロケ地・”おかやま“レポート」、監督・プロデューサーからのコメント等盛りだくさんの内容の「ロケーションガイド」を、全国の映画館や、岡山県内及び関連の観光センター等で配布します。

【配布施設一覧】 
https://www.okayama-kanko.jp/feature/welove-okayama/

【期間】
11/5(月)~
※部数なくなり次第、配布終了となります
※一部記載内容に誤りがありました。訂正内容についてはこちらからご確認ください。
https://www.okayama-kanko.jp/fc/news/99

◆原作が連載中の「Sho-Comi」で、11/5(月)発売号/11/20(火)発売号に、『ういらぶ。』×岡山のタイアップ記事が掲載されます。

2018.11.01

衣装展示&小道具展示が追加決定!

凛(平野紫耀さん)と優羽(桜井日奈子さん)の衣装&小道具が、各地で展示されます。
お近くの方はぜひこの機会に観に行ってくださいね♪


【鹿児島】
期間:9/26(水)~10/13(土)
場所:アミュプラザ鹿児島本館2F 連絡通路横 ショーウィンドウ


【札幌】
期間:10/1(月)~10/14(日)
場所:ユナイテッド・シネマ札幌 

【名古屋】
期間:10/19(金)~11/1(木)
場所:ミッドランドシネマ名古屋空港

【大阪】
期間:10/19(金)~11/1(木)
場所:天王寺MIO 5F 

【東京】
期間:11/2(金)~11/16(金)
場所:タワーレコード新宿店
※小道具展示

期間:11/5(月)~11/11(日) 
(11/9終日は除く/11/7は14:00~17:00のみ)
場所:J:COM Wonder Studio

期間:11/5(月)~11/11(日)
場所:タワーレコード 渋谷店

期間:11/12(月)~11/27(火)
場所:東京スカイツリータウン®・ソラマチ4F ツリービレッジ

期間:11/13(火)~11/25(日)
場所:スイーツパラダイス SoLaDo原宿店


※日時や展示場所等は都合により変更となる場合がございます。
※詳細の時間や場所は、各展示場所にお問い合わせください。

2018.10.31

ハロウィンパーティー&“初恋の日”課外授業レポート

10月30日(火)、映画『ういらぶ。』公開を目前に控え、平野紫耀さん、桜井日奈子さん、佐藤祐市監督が宝仙学園中学・高校に登場し、サプライズイベントを敢行!



10月31日はハロウィンということで、ひと足早くハロウィンの仮装をして登場することに。MCの呼び込みで、マントをかぶり、カボチャのお面をした2人が体育館に入場。
King & Princeの主題歌「High On Love!」に合わせ、そのお面とマントのフードを外すと、そこには平野さんと桜井さんの姿が見えるという突然の出来事に、感極まって思わず号泣してしまう生徒さんたちも。
平野さんは、「皆さん元気ですね!今日は短い時間ですが、楽しい時間になったらいいなと思います。」と、サプライズの大成功に安堵した様子。今回初めて映画主題歌を担当したことについては「とてもうれしかったですし、曲も映画にぴったりのテーマでめちゃくちゃ嬉しかったです。」と喜びを語った。



桜井さんが、「もう…皆さんがとてもウェルカムな感じが伝わってきました。明日はハロウィンと言うことで、みなさんと楽しんでいきたいと思います。」と一言話すと、『かわいい~!』という生徒たちの大歓声に、桜井さんもにっこり。



本日10月30日は“初恋の日”ということで、『ういらぶ。』の映画の内容と掛け合わせた、“初恋の日”課外授業を行うことに。
1限目はまず、英語の授業として、本作のキャッチコピーでもある、【大好きすぎて、「好き」って言えない】を学校のネイティブの先生が英語でレクチャー。
英訳“I love you too much to say I love you”をまずは平野さんが言うことになり、気持ちを込めた“I love you”の発音と一緒に、会場中に何度も投げキッスのプレゼントをすると、会場は大盛り上がり。
桜井さんも負けじとかわいらしい“I love you”の投げキッスをすると、男子生徒から歓声があがりました。ついには、監督からも投げキッス。生徒たちはここでも大歓声で、会場を盛り上げてくれました。
ネイティブの先生も、キャスト陣の英語について、「非常にドラマティックなスキルを持っている。アメイジング!」と大絶賛。

チャイムが鳴り、2限目は体育の授業。本作の主題歌であるKing & Princeの「High On Love!」の振付を、平野さん自らレクチャー!まずは曲を流し、平野さんの生歌と生ダンスでお手本を披露すると、あまりの夢ごこちに生徒たちも呆然。
振付が開始されると、段取りよくレクチャーしていく平野さん。振付中も、「わかった人~?半分くらいだったのでもう一度いきます!」など、丁寧に授業を進めて行きます。


最後に平野さんの「音楽スタート!」の掛け声で、キャスト・監督、生徒の皆さんで一緒にダンス。息ピッタリに決まった会場に、平野さんは、「完璧です。もうみなさんがKing & Prince です!嘘です(笑)。でも本当に完璧です!」と太鼓判。
桜井さんも「踊りやすいですね!」とすっかり主題歌の振付をマスターした様子。

最後の3時限目は、国語の授業とし、平野さんと桜井さんがそれぞれ考えてきた「初恋の句」を披露。
まずは桜井さんが俳句を発表。【大事件 今日で2回 目があった】というかわいらしい一句に「かわいい!」と割れんばかりの歓声。思わず桜井さんも照れた様子。


実体験に基づいたものだそうで、「中学生の頃、クラスの男の子をちらちら見ていて…という(笑)。みなさんもきっとありますよね。これは共感していただける句なんじゃないかなと思います。」と解説すると、生徒たちからも共感の嵐。監督も、「40年前の僕の想いがよみがえってきます。(笑)」と甘酸っぱい気持ちを振り返っていました。
次に平野さんも一句披露。【目の中に ハートができた 四歳児】という句は、幼い頃の初恋の様子を詠んだものだそうで、「幼稚園の先生で、かなり年上の先生だったのですが、包容力にやられてしまいました。四歳児ながら。」と初恋エピソードを披露。

終了のチャイムが鳴り授業は終了。最後に監督は、「いよいよ公開が迫って参りました。笑いあり、涙もあり、すごく見やすくなっていると思います。エンドロールも楽しくなっていると思うのでぜひその部分も観て頂けたら。今日はすごくいっぱいエネルギーをもらえました、ありがとうございました!」と見所を語りました。

桜井さんは「この『ういらぶ。』はみなさんの日常に近いお話になっているのかな、と思います。これから恋をしたい方、勇気を出して何かを言わなきゃ、という方は、背中を押してもらえる作品になっていると思うので、ぜひお友達と一緒に映画館に足を運んでください。」と作品をアピール。

平野さんは「“大好きすぎて「好き」って言えない”、という状態の方が、もしかしたらこの中にいらっしゃるかもしれないので、ぜひこの映画で、僕と桜井さん演じるキャラクターの成長する姿を観て、勇気をもらっていただきながらキュンキュンしてもらえたら。そしてわいわい盛り上がって、ぜひ皆さんの青春の1ページに『ういらぶ。』が残れたらな、と思います。」と締めくくり、大盛り上がりの中、イベントは終了しました。